メインコンテンツに移動

Explore topic: 持続可能性

資料
『アーモンドミルクのすべて』をダウンロード
ニュース記事
世界最大のアーモンド生産地である米国カリフォルニア州の約6,800のアーモンド生産農家ならびに100を超える製造加工業者で組織される「カリフォルニア・アーモンド協会」(本拠地:米国カリフォルニア州モデスト)は、アーモンド農場の副産物利用の最適化など、次世代の農業に関する75の独立した研究プロジェクトに680万ドルを投資すると発表しました。これらの研究プロジェクトには、…
資料
カリフォルニア・アーモンド協会では、毎年、『Growing Good(アーモンドの持続可能な栽培について)』レポートを発行しています。持続可能な栽培の実現に向けて、管理や継続的な改善に焦点を当て、カリフォルニア・アーモンド協会にとっての持続可能性を定義しています。また、当協会の研究プログラム、カリフォルニア・アーモンド・サステナビリティ・プログラム、節水、副産物の有効利用、…
資料
カリフォルニア・アーモンド協会のアニュアルレポート『Almond Almanac』では、業界における各種統計、プログラムやプロジェクトの概要をご覧いただけます。本レポートは、収穫年度(8月1日~翌7月31日)ごとに発行されており、アーモンドの生産量、作付面積、品種、出荷、市場のほか、カリフォルニア・アーモンド協会の活動に関する過去のデータなどを紹介しています。
ニュース記事
カリフォルニアのアーモンド生産農家ならびに製造加工業者は、世界に供給されるアーモンドの80%を生産しており、常に持続可能な栽培に努め、現在と次世代のために責任ある資源管理を行ってきました。この度、これらのアーモンド・コミュニティは、カリフォルニア・アーモンド協会(本拠地:米国カリフォルニア州モデスト)を通じて、新たに4つの目標を公約することを発表しました。この4つの目標は、…
// 持続可能性, 農園管理